ケータイ辞書JLogosロゴ 蓮花寺(近世)


兵庫県>三木市

 江戸期〜明治22年の村名。播磨国美嚢【みなぎ】郡のうち。明治期になって蓮花寺村と称する。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年姫路藩領,元和3年明石藩領,同7年幕府領,宝永7年上野国館林藩(天保7年から石見国浜田藩)領,天保13年幕府領,慶応元年からは陸奥国会津藩領。村高は,「正保郷帳」72石余うち田64石余・畑8石余,「元禄郷帳」(竜野市立図書館蔵)「天保郷帳」「旧高旧領」ともに108石余。神社は天津神社。寺院は真言宗蓮花寺。同寺は大化年間法道仙人の開基と伝えられ,天暦年間から御勅願所となる(中興は菩提上人)。文永4年太政官符(現存)を賜い,天下安全の祈願所となる(当時寺中33坊)。慶長年間池田輝政から境内山林30石を寄進されたが,残高73石余は年貢地となり,のち次第に衰退し,わずかに2院(明王院・理性院)となる。明治10年2院の称を廃し,単に蓮花寺と称するようになる。明治15年の耕地93町1反余,戸数15・人口71(播磨国地種便覧)。同22年口吉川【くちよかわ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7397593
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ