ケータイ辞書JLogosロゴ 脇田村(近世)


兵庫県>吉川町

江戸期〜明治16年の村名播磨国美嚢【みなぎ】郡のうち江戸前期に御前田村から分村して成立「元禄郷帳」に「古ハ御前田村,脇田村」とあるので,これ以前の分村であることがわかる美嚢【みのう】川支流北谷川中流域に位置する延宝7年幕府領,正徳2年からは下野国壬生藩領村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに307石余正徳2年の村明細帳によれば,家数30・人数149,牛16,溜池(おちが池・ひし池・西合尺溜池・大中尾池・三津がせ溜池),井堰3,地蔵堂・八幡堂がある享保8年武士山をめぐる山論に当村も関っている(吉川町誌)明和5年の年貢免定によれば,高306石余,うち本免(4ツ2分2厘)220石余・取米93石余,免下(3ツ3分6厘)87石余・取米29石余寛政8年の家数29・人数125,慶応元年の家数19・人数101(吉川町誌)明治16年前田村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7397626
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ