ケータイ辞書JLogosロゴ 上子島村(近世)


奈良県>高取町

 江戸期〜明治22年の村名。高市郡のうち。元和7年子島村が当村と下子島村とに分かれたことにより成立。ただし,「寛文郷帳」では子島村一村として見える。また「元禄郷帳」「天保郷帳」でも子島村と見えるが,この子島村は当村を指す。高取藩領。村高は,「元禄郷帳」204石余,「天保郷帳」208石余。はじめは高取城大手筋を中心に高取山山腹斜面に点散する農村であったが,藩士が高取山麓を降りて居住するようになるに伴い,半士半農の村落となる。除地として下子島村・土佐町と立会の春日大明神・延命寺(真言宗)・牛頭天王・観音院(真言宗)・長円寺(禅宗)をあげる(地方蔵方寺尾勤録)。天保15年の家数45・家持人数143とあるが(御領内高附/高取町史),これには藩士とその家族は含まれていない。明治10年の戸籍数は104で,うち士族が60を数えた。同15年頃には,幅員が東西19町余・南北7町余,税地は田12町余・畑10町余・宅地3町余・山林5反余・藪地4町余・芝地2反余の総計32町3反余,戸数126・人口557,牡牛5,高取川が流れ,橋梁は二ノ門橋・半ドノ橋・高橋・島ノ宮橋・不動ノ森橋・黒門橋・寺尾橋・桜橋・大井手橋,寺社は,上子島神社・島ノ神社・八幡神社・南清水寺・長円寺・宗泉寺がある(町村誌集)。天台宗宗泉寺は寛永17年高取藩主植村家政が下屋敷を置いた所であるが,のち下子島村字ゴテンアトに移転したので,元禄11年藩祖家政の父(正覚院殿一山宗泉大居士)の冥福を祈る目的で旧邸跡に法号を寺名とする菩提所を創建した。植村氏歴代の墓地がある。曹洞宗長円寺は藩士らが崇信し,家老中谷氏らの墓所がある。文政12年焼失,翌年再建された。明治22年高取村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7398899
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ