ケータイ辞書JLogosロゴ 吉備村(近世)


奈良県>高取町

 江戸期〜明治22年の村名。高市郡のうち。高取藩領。村高は,文禄検地,「慶長郷帳」ともに126石,「寛文郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」ともに125石余。天保年間の御領内高附では,家数14,人数は家持53(高取町史)。寛延年間の地方蔵方寺尾勤録によれば,鎮守の春日明神が除地,道場(浄土真宗)が年貢地とある。明治15年頃には,幅員は東西3町・南北2町余,税地は田10町余・畑2町余・宅地6反余・山林2町余・藪5畝余の総計16町余,戸数20・人口111,牡牛4,御所街道が通り,春日社・興楽寺がある(町村誌集)。同22年船倉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7399244
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ