ケータイ辞書JLogosロゴ 荊木村(近世)


和歌山県>御坊市

 江戸期〜明治22年の村名。日高郡のうち。和歌山藩領知行所・新宮領。塩崎五郎左衛門組のち入山組に所属。村高は,慶長検地高目録で688石余,ほかに小物成1石余,「天保郷帳」723石余,「旧高旧領」は北荊木村202石余・南荊木村521石余の計723石余。延宝6年の大差出帳(日高鑑)によれば,村高691石余うち御蔵入199石余・水野対馬守殿(新宮領)491石余とある。「旧高旧領」北荊木村はこの御蔵入分,南荊木村は新宮領分にあたる。なお同帳によれば,反別60町2反余,家数131軒・人数483,牛47・馬19,池10,御蔵1。「続風土記」では家数136軒・人数544。熊野街道が通る。神社は氏神の若宮明神社と小祠2社。寺院は浄土宗鎮西派宝樹山念仏寺。弘化2年から明治4年まで寺子屋があった(日高郡誌)。明治4年北荊木は和歌山県に,南荊木は新宮県を経て和歌山県に所属。同6年には戸数127,男331・女323。同7年村内の民家を借りて小学校が開校。同20年の反別は田88町余・畑2町余・宅地約6町・山林28町余(日高町誌)。同22年東内原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7403375
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ