ケータイ辞書JLogosロゴ 熊野村(近世)


和歌山県>御坊市

 江戸期〜明治22年の村名。日高郡のうち。和歌山藩領御蔵所。中村善次兵衛組のち天田組に所属。村高は,慶長検地高目録で477石余,ほかに小物成1斗余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも488石余。なお,慶長検地高目録には「施屋村」とあるが,同種の史料では「遊屋村」とも見える(紀州御検地帳写/県史近世1)。また,「元禄郷帳」「続風土記」や御高並村名帳(南紀徳川史10)は「ユヤ」と読んでいる。延宝6年の大差出帳(日高鑑)によれば,村高477石余・反別37町1反余,ほかに新田が高1石余・反別3反余,家数43軒・人数168,牛25・馬7,池16,御蔵1。当村は谷あいに位置しており,同帳に見えるように池の多さを特徴とした。「続風土記」では家数57軒・人数274。元禄元年,当村の山地にあった島村・岩内村との共有地をめぐって,当村と島村の間で山論が起こった(熊野村出入返答言上書/御坊市史3)。共有山設定は,自村内に山地を持たない島村の村民が肥料用の芝草と燃料用の薪炭を採集するためで,他に特産物を持たない当村と山地をもたない島村の両村民間に対立を生じた。これは翌年一応の解決をみたが(熊野村山出入取替一札/同前),その後も度々争論を繰り返した。神社は熊野権現社,寺院は浄土真宗鎮西派西福寺。明治4年和歌山県に所属。同6年には戸数66,男165・女154。明治期に入って村内の池堤塘工事を実施,特に明治6年に行われた後谷池の場合は大工事を敢行。また,争論を起こしてきた111町余にのぼる共有山も,明治22年には他村持分を買収,村民に売却した(御坊市史2)。明治22年野口村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7403396
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ