ケータイ辞書JLogosロゴ 岩内村(近世)


和歌山県>御坊市

 江戸期〜明治22年の村名。日高郡のうち。和歌山藩領御蔵所。中村善次兵衛組のち天田組に所属。村高は,慶長検地高目録で372石余,ほかに小物成2斗余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも410石余。なお延宝6年の大差出帳(日高鑑)によれば,村高373石余・反別26町9反余,家数42軒・人数214,牛19・馬4,大鋸引役銀10匁,池3,御蔵1。「続風土記」では家数74軒・人数315。江戸期を通じていわゆる純農村に近く,若干の木挽職がみられた。日高川沿岸地帯では甘蔗栽培が盛んであったが,幕末には衰退。文政元年から明治元年まで久保定平の,安政2年から明治5年まで青木智教の寺子屋があった(日高郡誌)。神社は春日社・也久志波王子社,寺院は浄土真宗本願寺派明鏡寺。明治4年和歌山県に所属。同6年には戸数60,男155・女145。同22年野口村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7403406
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ