ケータイ辞書JLogosロゴ 垣倉村(近世)


和歌山県>吉備町

 江戸期〜明治22年の村名。有田郡のうち。垣蔵村とも書く。和歌山藩領御蔵所。石垣組に所属。村高は,慶長検地高目録では344石余,ほかに小物成9斗余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに371石余。「続風土記」によれば,田畑高371石余,家数45軒・人数185。産土神は庄村の御霊八所宮。神社は亀山弁財天社。寺院は善法寺浄土宗鎮西派法善寺・古義真言宗薬師寺。薬師寺は愛宕権現勝軍地蔵を勧請し,古くは音林寺・総持寺・法輪寺・平等寺を村内に所有したが,のち衰退し,音林寺を愛宕山に移し,鐘楼・庚申堂を残すのみである(続風土記)。なお幕末には地士神保市右衛門がいた(南紀徳川史11)。明治4年和歌山県に所属。同6年には戸数42,男72・女78。同22年御霊村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7403846
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ