ケータイ辞書JLogosロゴ 上富安村(近世)


和歌山県>御坊市

江戸期〜明治9年の村名日高郡のうち日高平野北東部の山際に位置する北東に城が峰,北西に薬師谷山がある和歌山藩領知行所承応2年の藩内領知替え以前は新宮領(新宮藩御勘定方旧記/県史近世1)糸田久太夫組のち天田組に所属慶長検地高目録では上富安村863石余,ほかに小物成3石,下富安村646石余,ほかに小物成5升余が見えるこの下富安村は検地帳写の小字名からみて後の小松原村にあたり,上富安村は当村および後の下富安村にあたる(御坊市史1)当村と後の下富安村はもと1村,富安村とも称し,慶安年間には2か村に分かれたと思われる「天保郷帳」「旧高旧領」はともに村高376石余なお,延宝6年の大差出帳(日高鑑)では当村にあたる「上富安村」が見え,村高338石余うち「古新田御蔵入」4石余・知行所333石余,反別31町5反余,給人数5,家数43軒・人数202,牛16・馬5,池2「続風土記」では家数57軒・人数243慶長検地帳写による江戸初期の当村および下富安村は,村民の8割は5反以下の所持層で,1割ほどの10石以上の高持層が耕地・石高の4割を占めていた(御坊市史1)当村はいわゆる純農村地帯,江戸後期に入って砂糖製造・蝋燭製造が行われた寺院は浄土宗西山派円福寺,同宗鎮西派万福寺氏神は下富安村善童子王子権現社という明治4年和歌山県に所属同6年には戸数53,男144・女128同9年富安村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7403994
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ