ケータイ辞書JLogosロゴ 北塩屋浦(近世)


和歌山県>御坊市

 江戸期〜明治22年の村名。日高郡のうち。江戸初期には北塩屋村と見える。また明治9年からは北塩屋村と称した。和歌山藩領御蔵所。中村善次兵衛組のち天田組に所属。村高は,慶長検地高目録で563石余,ほかに小物成3斗余,「天保郷帳」「旧高旧領」とも592石余。枝郷に天田村・猪野々村がある。元禄11年の従公儀国絵図御改に付相尋候品々覚帳によれば,2か村は枝村,元禄11年より90年以前(慶長末年)検地の時分から分かれたが,ただし本村の高のうちとある(日高郡誌)。天田村は天田の渡しにより日高川両岸を結ぶ要地で,大庄屋が居住。猪野々村は北塩屋の西部,王子川右岸沿いの谷あいに位置し,地内は猪野々・中村に分かれる。延宝6年の大差出帳(日高鑑)には「北塩屋三ケ村」とあり,その高569石余うち浦役198石余・大工役5石が引高,反別64町7反余,ほかに新田が高9石余・反別9反余,次いで「北塩屋浦」「天田村」「中村」の各内訳を記す。北塩屋浦の高198石余,「但浦役」とあり,家数58軒・人数315,牛23・馬10,舟数19うち廻船6・あみ舟13,網数7うち地引網5・まかせ網2,床銀38匁,水主米17石,医者2,御蔵1。天田村の高207石余うち大工役高引5石,家数47軒・人数315,牛24・馬23,廻船数6,床銀12匁,帆別米2石余,大工役銀33匁余,御蔵1。中村の高163石余,家数28軒・人数146,牛18・馬6,古城跡1,御蔵1。大差出帳による家数・人数の合計は133軒・776人,また3か村の池数21。なお,慶長16年8月16日の加子米究帳(栗本家文書)によれば南塩屋浦と合わせて水主役数67(先高40)・代納升高80石余,また御領分加子米高帳(田中家文書)による当浦方の水主米高17石。「続風土記」では,村高は北塩屋浦222石余,天田村207石余,猪野野・中村162石余で,家数・人数は全体で306軒・1,147人。中世末までに藁縄と藤蔓製袋の地引網が当地で考案され,近世には麻縄・糸袋に改良されて地引網漁の中心地となり,種々の網も導入,改良されて網漁業が盛んとなった。元禄年間までに,漁獲の2割を徴収した御口前役所の出張所も開設された(御坊市史1)。17世紀前半の菱垣廻船の結成以後,この主要メンバーに成長した日高廻船業の中心地の1つとしても活動。最盛期の安永8年には,当村より11艘の大廻船が日高廻船(55艘)に参加(同前),大坂〜江戸幹線路に就航。文政年間以降,酒造業者の自己運送化,難船の多発などにより当地の廻船業は急速に衰退。しかし,幕末にかけて人口増加も著しく,漁村として繁栄を保った。なお,日高川をはさんで名屋浦と相対する天田村は,熊野街道の船渡し場として栄えた。また熊野街道沿いには宿茶屋が現れ,文政年間には,伝馬所本宿の小松原村との間に訴訟問題を引き起こしたこともあった(同前)。北塩屋浦には,神社は塩屋王子神社など,寺院は浄土真宗本願寺派円満寺。天田村には峠権現社・浄土宗鎮西派極楽寺など,猪野々村には浄土宗鎮西派法泉寺がある。北塩屋浦・天田村・猪野々村ともに南塩屋浦枝郷森岡村の武塔天神社が産土神という。明治4年和歌山県に所属。同6年には戸数246,男591・女599。同9年天田の渡しに初めて木橋が架設されたが,以後何度も流失・架橋を繰り返し,橋のない時期の方が長かったという。古くより熊野街道沿いの村としても栄えてきたが,明治15年ころから街道の拡幅工事が開始された。同22年塩屋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7404132
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ