ケータイ辞書JLogosロゴ 浅津村(近代)


鳥取県>羽合町

 明治22年〜昭和28年の自治体名。はじめ河村郡,明治29年からは東伯【とうはく】郡に所属。東郷池西岸に位置する上浅津・下浅津とこれに隣接する南谷・光吉の4か村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。地内に湖水を結ぶ舟つき場があったと思われる浅津・南津・船寄の小字を残す。世帯数・人口の推移は,大正9年319・1,707,昭和5年329・1,788,同25年393・2,127。東郷池沿岸の住民は明治中期頃東郷湖捕魚採藻業組合を作り漁獲の取締りやフナ・コイの繁殖を図ってきた。ことに干した藻は自給肥料として米作のほか綿・桑など畑作に広く使用された。同45年浅津漁業組合,大正2年東郷湖漁業協同組合と改称。東郷池水面を埋立てて新田を開くことは江戸期から行われていたが,明治20年代以後は地主による開田事業が盛んになり,大正初期までにおよそ170町歩の水田が造成された。沢田と呼ばれる湿田はしばしば冠水による被害を受けた。鷺田が鼻と呼ばれる西岸デルタの突端とその沖から温泉が湧出する。明治35年に発見された浅津温泉ははじめ湯島と称し近郷農民の湯治場であったが,国鉄山陰線全通後は温泉観光地として発展した。大正の中期頃松崎駅〜浅津温泉間に民営の連絡船が運航開始。昭和24年日ノ丸自動車定期バスが浅津線の運行開始。同28年羽合【はわい】町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7407207
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ