ケータイ辞書JLogosロゴ 大原郷(古代)


鳥取県>気高町

平安期に見える郷名「和名抄」因幡【いなば】国気多【けた】郡七郷の1つ遺称地が残らず郷位置ははっきりしない「鹿野の奥に,上原・下原・原井手など」と「原」の文字の付いた地名が分布することから,気高町のうちの旧逢坂村をあてるもの(稲葉民談記),小沢見・内海(鳥取市)のあたりをあてるもの(因幡志),旧酒津・宝木【ほうぎ】村(気高【けたか】町)をあてるものがある(県史1)「和名抄」の気多郡の郷の記載順をみると,古代の官道沿いに東から西への順となり,大原は気多郡の最初であるので,気多郡の東端となる河内川下流の右岸地域の旧酒津・宝木村一帯が想定地となるしかし,その明確な郷域はわからない「太子伝玉林抄」に「因幡国気多郡大原郷宇都美里の人能曽姫」と見える「宇都美」(内海)は鳥取市白兎のことであり,このあたりまで郷域であったのかもしれない大原郷の条里制施行を実証する史料は見られない気高町上光で「柿ケ坪」「中坪」「熊ケ坪」,下光元で「竪町」「栗ケ坪」,常松で「大坪」「竪条」などの坪付地名が検出されるさらに天保14年の田畑地続全図や地籍図,空中写真をみると,気高町上光〜常松付近にかけて条里遺構と推定される地割が顕著である式内社板井神社が気高町奥沢見に祀られている
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7407658
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ