ケータイ辞書JLogosロゴ 下坂本村(近世)


鳥取県>気高町

 江戸期〜明治22年の村名。気多郡のうち。鳥取藩領。村高は,拝領高1,204石余,「元禄郷村帳」1,343石余,「天保郷帳」348石余(ママ)(うち新田高143石余),「元治郷村帳」1,354石余,「旧高旧領」1,382石余。元禄の本免は5.5,「元治郷村帳」の物成は657石余。戸数は,「因幡志」80,「文久3年組合帳」70。氏神は竹宮大明神,寺は曹洞宗梅応山大泉寺で,大竜院末寺,ほかに薬師・観音・阿弥陀・毘沙門・地蔵をそれぞれ本尊とする辻堂が6つある(因幡志)。雁・鴨・鶴をうち,川で鮎・鮭を獲る(稲葉民談記)。文久元年当村の富山甚平は当村から母木【ほうぎ】村へ東西に連なる高浜砂丘を開墾し新田開発を行った。開発は,地内万鍬から砂流しに使用する水を引く新田井手1,000間の開削からはじめられ,引水した水で砂丘の砂を流し砂丘を崩したところに新田を開くという方法で行われた。甚平が没する明治32年までの40年間,新田約18町歩が開発された。明治4年鳥取県,同9年島根県,同14年再び鳥取県に所属。明治6年坂本小学校が開校,同7年の生徒数28(男27・女1),教員数1,授業料月67銭1厘(県史近代5)。同22年瑞穂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7408588
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ