ケータイ辞書JLogosロゴ 下村(中世)


鳥取県>気高町

戦国期に見える村名因幡【いなば】国気多【けた】郡光元保のうち明徳5年7月1日弾正忠長氏寄進状(前田家所蔵文書/大日料7-1)に「奉寄進 南禅寺慈聖院因幡国気多郡光元保下村内戸嶋村之事」と見えるここに見える弾正忠長氏はその姓が明らかでないが,村内に戸嶋村・大杉村・用木村などを所有しており,この地域一帯に勢力を張った国人領主と推定される下村に対する上村の存在を史料によって確かめることはできない当村はほぼ近世下光元村に相当したのではないかと考えられるが,中世には下村内として見える戸嶋村は近世では下村に属しておらず,中世の下村は近世の下光元村より若干広領域であったと推定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7408644
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ