ケータイ辞書JLogosロゴ 長瀬村(近代)


鳥取県>羽合町

 明治22年〜昭和28年の自治体名。はじめ河村郡,明治29年からは東伯【とうはく】郡に所属。国道9号沿いにある久留村・長瀬宿・田後【たじり】村・水下【みぞおち】村が合併して成立。旧村名を継承した4大字を編成。世帯数・人口の推移は,大正9年565・2,695,昭和25年666・3,450。明治初期地主層によって始められた養蚕は,明治30年代一般農家に普及し,大正初期〜第1次大戦前後にかけて隆盛期を迎え,羽合浜と呼ばれる砂丘畑は桑園化していった。蚕の飼養戸数および春蚕・夏秋蚕のそれぞれの収繭高は,明治40年263戸・春蚕402石・夏秋蚕75石,大正10年296戸・春蚕583石・夏秋蚕55石,昭和5年344戸・春蚕1万8,320貫,夏秋蚕1万6,704貫,同10年329戸・春蚕1万7,329貫・夏秋蚕1万4,695貫。明治40年代に足踏器械による小規模な自家製糸業者がつぎつぎ現われた。大正2年杉本太蔵が設立した杉本製糸工場は50台の機械を蒸気力で動かす本格的な機械製糸を開始。同年の座繰製糸場16・釜数31・職工数33・製糸数量492貫,器機製糸場1・釜数50・職工数53・製糸数量1,265貫。昭和初期の不況で繭価が下落し同8年を境に養蚕と製糸は減少の一途をたどっていった。若原観瑞ら有志は山内篤処病歿後閉鎖していた楽只館を再興し,明治22年東伯【とうはく】義塾を設立した。大正の中頃から東伯郡内に小作人組合が結成され,地主に対し小作料減額要求運動が行われてきたが,さらに農民の力を結集するため組織を拡大する動きが活発になり,昭和2年東伯小作連合会を結成,同年10月長瀬村勝福寺において結成大会が開かれ,上北条村門田定蔵が会長に,酒井正二が副会長となる。昭和28年羽合【はわい】町の一部となり,村制時の4大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7409200
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ