ケータイ辞書JLogosロゴ 姫路村(中世)


鳥取県>気高町

 室町期に見える村名。因幡【いなば】国気多【けた】郡日置上郷のうち。応永7年正月24日因幡守護山名氏冬遵行状(華頂要略/大日料7-4)に「因幡国吉岡保湯河内日置上郷内〈除姫路村庶子分等〉事,任御施行之旨,可沙汰付鞍馬寺雑掌」と見え,また同年6月19日室町将軍家御教書(青蓮院文書/大日料7-4)にも「因幡国日置上郷内渡残〈除姫路村庶子分等〉」と見える。将軍家御教書にいう「渡残」とはさきに渡付し残したという意であって,いずれも姫路村にある庶子分の所領のみ鞍馬寺の支配の外におかれたことを意味する。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7409601
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ