ケータイ辞書JLogosロゴ 光吉村(近世)


鳥取県>羽合町

 江戸期〜明治22年の村名。伯耆【ほうき】国河村郡のうち。「天保郷帳」によれば,以前は布河村と称し天保5年改称したという。鳥取藩領。村高は,拝領高・「元禄郷村帳」では布河村と記されているが石高は不明。「天保郷帳」では578石余(うち新田高86石余),「元治郷村帳」587石余,「旧高旧領」597石余。元禄の本免は5.6,「元治郷村帳」の物成は316石余。戸数は「文久3年組合帳」46。宝暦年間の村の状況は,悪田加損10石,藪役銀1匁4分,棟3軒役高60人役,人数190(禅門比丘尼2・山伏吉祥院1を含む),氏神は三宝荒神(河村郡村々諸事控/近藤家文書)。三宝荒神は素盞嗚尊を祀り,明治5年光吉神社と改称。地内茅見堂にある観音堂は乾漆の虚空蔵菩薩を祀る。明治4年鳥取県,同9年島根県,同14年再び鳥取県に所属。同22年浅津【あそづ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7409980
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ