ケータイ辞書JLogosロゴ 用木村(中世)


鳥取県>気高町

室町期に見える村名因幡【いなば】国気多【けた】郡光元保下村のうち明徳5年7月1日弾正忠長氏寄進状(前田家所蔵文書/大日料7-1)に「所譲与所領〈大杉用木〉両村〈於〉」と見えるこの文書は弾正忠長氏が南禅寺慈聖院に光元保下村内戸嶋村を寄進し,もしこれに背いた場合には戸嶋村の替わりに大杉・用木両村を南禅寺に進めるというもので,ともに光元保下村内の長氏所領であったことが知られる近世には持木村と書き(因幡志),下光元村,現在の気高【けたか】町下光元のうちにあたる筒見(堤)氏の拠城と推定される持木城(シリフリ山城・堤知光城ともいう)の城址があるという(同前)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7410092
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ