ケータイ辞書JLogosロゴ 入間村(近世)


島根県>掛合町

 江戸期〜明治22年の村名。飯石郡のうち。はじめ松江藩領,貞享元年以後松江藩の支藩広瀬藩領。検地は慶長9年巌喜兵衛らによって行われ,万治2年にも実施。村高は寛文4年以前は297石余,以後,「大数録」にはみえず,「天保郷帳」では300石余。江戸中期まで田部家の世襲庄屋。穴見【あなみ】・入間・竹尾【たけお】の3か村は1村として扱われていた。文化8年の戸数51のうち枝郷寺谷に18,出来山に10。天保5年の人口285(田部文書)。農間に古くから鉄穴流【かんななが】しや小炭焼きなど鉄山に関係した稼ぎがあった。寛政7年には入間村甚左衛門が入間鈩【たたら】を始めたが,文政3年からは吉田村田部鉄山が経営するようになった。なお天保期銀山があった出来山(田部文書)に西蔵寺谷という地名が残っており,寺があったとの伝承があり,赤名西蔵寺の前身ともいう。明治4年島根県に所属。同8年竹尾村を編入。「皇国地誌」によると,田57町余・畑12町余・宅地3町余・山林1,258町余,戸数129・人口562,牛225・馬49,職業は農家100。牛20頭・馬15頭を郡内各地へ移出,稲もみ505石余を産す。村の中央天満宮を村立小学校にあて,男49・女52が通学。八重山穴見神社・天満宮,村社の須賀神社,臨済宗長栄寺がある。明治22年飯石郡波多【はた】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7410837
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ