ケータイ辞書JLogosロゴ 梶福留村(近世)


島根県>広瀬町

 江戸期〜明治22年の村名。出雲国能義【のぎ】郡のうち。江戸期ははじめ松江藩領,元禄年間以降は松江藩の支藩広瀬藩領。村高は不明。明治4年島根県に所属。「皇国地誌」によると,田93町余・畑9町余・山林793町余,戸数116・人口492,牛98・馬56,鉄山が村の南西方および北方にあり明治4年ごろよりそれぞれ約1万5,000貫を産出,苧麻200貫・香茸【こうたけ】30貫は自用の余りを広瀬町に出荷。職業別戸数は農102・大工1・鋳掛1・商1。福留八幡宮・梶児守神社は村社,寺はない。同22年能義郡比田【ひだ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7411367
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ