ケータイ辞書JLogosロゴ 佐(中世)


島根県>広瀬町

戦国末期にみえる地名天正19年11月5日付の「毛利家奉行連署状」(萩閥・旧県史8)に,都野三左衛門に「雲州 弐百八拾六石九斗七升,佐 仙導之内」を知行として宛て行ったことがみえる文書の佐は広瀬町の下山佐【しもやまさ】・上山佐【かみやまさ】辺か都野氏は石見国那賀【なか】郡都野(農)郷の領主で,大内氏に随伴し,のち毛利氏の臣となった
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7412042
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ