ケータイ辞書JLogosロゴ 多禰郷(古代)


島根県>掛合町

 奈良期〜平安期にみえる郷名。出雲国飯石郡のうち。「風土記」に「本字種」「多禰郷【たねのさと】属郡家」とあり,旧来は種郷と記し,郷の役所と飯石郡の郡家が同所(現掛合【かけや】町の郡【こおり】)にあった。「和名抄」にも多禰郷がみえる。古代の多禰郷は,現在の三刀屋町南部・掛合町(旧波多【はた】村以南を除く)・吉田村にわたる地域と推定される(古典文学大系本・風土記の研究)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7412727
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ