ケータイ辞書JLogosロゴ 粟井谷村(近世)


岡山県>加茂川町

 江戸期〜明治22年の村名。備前国津高郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領。村高は,「領分郷村高辻帳」「備陽記」ともに207石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに304石余。反別と家数・人数は,「備陽記」で25町6反余,64軒・301人。米麦の生産を中心としたが,天水に頼る乏水地であるため,池2か所がつくられていた(吉備温故秘録)。煎茶の産地として知られた(加茂郷往来)。明治4年岡山県に所属。同5年民家納屋を使用し,108番小学を開校。生徒数男15人・女8人(県教育史)。同22年江与味村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7414560
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ