ケータイ辞書JLogosロゴ 井原村(近世)


岡山県>加茂川町

 江戸期〜明治22年の村名。備前国津高郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領。村高は,「領分郷村高辻帳」「備陽記」ともに412石余,「天保郷帳」439石余,「旧高旧領」438石余。反別と家数・人数は,「備陽記」で,32町7反余,59軒・313人。寛文6年藩主池田光政の寺院淘汰により,真言宗青木山明王寺不動院が廃寺となった。住僧は立退き,本尊不動明王は上山村万福寺へ譲られた(撮要録)。豊岡川が流れ,賀茂郷内では比較的水に恵まれていたが,村内には池4か所のほか,旱魃・飢饉に備えて育麦蔵が置かれていた(吉備温故秘録)。明治4年岡山県に所属。同年の御改正田畑取調差別帳によると,家数71,反別23町2反余うち田16町2反余・畑7町余,水田のうち下田・下々田・印田が54%ほどを占め,1戸当たりの田畑は3反2畝余となる。なお田高232石余・畑高53石余,物成76石余であった。同5年明蒙社創立。のちに富永村に校舎を設け,富永小学と改称(御津郡誌)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7414728
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ