ケータイ辞書JLogosロゴ 上野村(近世)


岡山県>加茂川町

 江戸期〜明治22年の村名。備中国賀陽郡のうち。毛利氏の支配を経て,慶長6年足守藩領,のち幕府領となり倉敷代官所支配。「備中誌」によれば,もと竹部村と一村で皆竹部と称したという。寛永古図では,すでに皆竹部村のほかに上野の村名が見え,292石余。「備中至宝記」517石余,「天保郷帳」「備中村鑑」「旧高旧領」はともに571石余。枝村には東村・中村がある。寺院は日蓮宗吉尾山法福寺。同寺はいつの頃にか竹部村から移転されたもので,「備中誌」に,永禄年間頃慶光院妙伝開山,境内高1斗9升9合・山林3町2反8畝,寺坊草葺きなどと見える。かつて本門法華宗管長であった大僧正神原日祐聖人が得度した由緒ある寺門と伝える(加茂川町史)。神社は天満神社。嘉永6年寺子屋が開かれ,その寺子数は賀陽郡内最大の男85・女43であった(県教育史)。倉敷県,深津県,小田県を経て,明治8年岡山県に所属。同5年学制施行にともない上野小学を開校。同22年菅谷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7414849
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ