ケータイ辞書JLogosロゴ 円城村(近代)


岡山県>加茂川町

 明治37年〜昭和30年の御津郡の自治体名。上田村・富津村が合併して成立。合併両村の10大字を継承。役場を円城に設置。明治37年の戸数801・人口3,687。同44年卒業生489名を送り出した加茂高等小学校が廃校となる(加茂高等小学校碑文)。同41年には円城小学校校舎を増築,同44年に高等科を併置。大正10年の戸数745・人口3,495,職業別戸数は農業586(専業409・兼業177)・商業39・工業13・漁業4・その他103(御津郡誌)。昭和9年室戸台風の来襲により家屋20戸が流失し,竹籔60余町が荒廃に帰した(旭川水害史)。同22年円城中学校創立,翌23年御津高校御北分校円城校舎を設立,翌24年金川高校御北分校の所属となる。同28年から小森温泉再開発のためボーリングを開始,翌29年良質多量の温水が湧出。同年旭川ダムの完成により,船津を中心に68戸の家屋が水没(旭川ダム)。世帯数・人口は,大正9年759・3,496,昭和25年810・4,253。同30年加茂川町の一部となり,村制時の10大字は同町の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7415021
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ