ケータイ辞書JLogosロゴ 円城(近代)


岡山県>加茂川町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ上田村,明治37年円城村,昭和30年からは加茂川町の大字。明治24年の戸数95,人口は男221・女202,学校1。明治10年代後半から始まった寄生地主制は,明治末期に確立。加茂郷内第二の寄生地主である水野弘毅氏は,同34年には小作田32町余・小作畑11町6反余を所有し,12か村にわたって小作人200人余を使用した(小作徴収帳)。第2次大戦後の農地改革によって,小作地158町余の77%にあたる121町余が昭和25年までに解放された。第2次大戦中から戦後にかけては疎開などにより,人口が急増したが,昭和30年代後半から県南への挙家離村が増え,過疎化が進行。同44年から葉煙草に代わり,モモと露地ブドウの栽培を受託形式で導入。同46年上田東の日山ダムの完成により,畑地灌漑と長年の水不足問題を解消。昭和31年金川高校御北分校の円城・津賀・豊岡の3校舎を統合,農業科・家庭科・専門部に分かれ,同38年県立加茂川高校となる。同58年度の生徒数72。同59年過疎化による生徒数減少のため県立賀陽高校と統合。同61年閉校となる。昭和25年上田東から円城中学校を移転したが,同31年度に271名あった生徒数は同60年度には49名と減少し,同61年加茂市場の加茂川中学校に統合され閉校となる。昭和51年には昭和29年から続いた備北バス神原井原円城線を廃止。同55年基幹集落センター完成。同年県内7番目の円城ふるさと村に指定。同56年主要地方道岡山加茂川津山線が国道429号に昇格。同59年津恵田地区に町民運動広場を完成。世帯数・人口は,昭和30年120・635(男329・女306),同60年116・357(男165・女192)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7415022
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ