ケータイ辞書JLogosロゴ 女原村(近世)


岡山県>奥津町

 江戸期〜明治22年の村名。美作国西西条郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年津山藩領,享保11年幕府領,文化9年再び津山藩領,天保9年からは幕府領となり津山藩預り地。村高は,「作陽誌」67石余うち田47余・畑20石,「美作鬢鏡」「天保郷帳」「美作鏡」「旧高旧領」ともに78石余。慶長7年の知行方目録では,小早川秀詮から森本市右衛門へ当村のうち13石余が宛行われている(萩野文書/東大史料影写本)。「森家先代実録」には三国山からウドを産すると記されている。「作陽誌」では家数18,また貞享4年郡代川端八太夫の制札が記され,当村井手の石を崩すことが禁じられ御用材木も持ち越すべきであるとされている。農業用水確保のために筏流しによる井手の損壊防止を通達したものである。倉敷県,北条県を経て,明治9年岡山県に所属。明治7年泉西小学開校。同10年19区務所に属し第3戸長役場が設置された。同22年泉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7415390
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ