ケータイ辞書JLogosロゴ 尾原村(近世)


岡山県>加茂川町

 江戸期〜明治22年の村名。備前国津高郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領。村高は,「領分郷村高辻帳」「備陽記」ともに619石余,「天保郷帳」945石余,「旧高旧領」942石余。反別と家数・人数は,「備陽記」で65町6反余,131軒・701人。かつて新山城の城下町として栄えた町並みは江戸期に入ると大山往来の宿場町としてにぎわった。寺子屋の教科書として作られた加茂郷往来に,産物として疇山の蕨が記される。なお万治2年岡山藩は元虎倉城主伊賀氏の遺臣を中心とする土豪百姓弾圧を目的に,加茂郷内の農民に由緒書などの写しの提出を命じたが,当村には,このとき提出した「加茂庄官十三流」の1人入沢氏,提出はしなかった近藤氏がおり,藩の弾圧以後も,両氏ともに裃の着用など特権的身分を保持した。神社に矢喰宮などがあり,明治2年矢喰宮は天神社と改称した。同4年岡山県に所属。同5年民家納屋を使用して106番小学温良小学を開校。生徒数は男22・女9(県教育史)。同8年新山小学設立。同11年福沢の森久小学と合併,森久小学と改称。同13年温良小学,同26年新山尋常小学となる。米麦を中心に大豆・小豆・ソバ・煙草・楮などがつくられ,特に米・煙草・楮などの商品作物は高瀬舟を利用して岡山へと輸送された。明治12年頃の家数133・人数524(加茂川町史)。同22年新山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7415416
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ