ケータイ辞書JLogosロゴ 尾原(近代)


岡山県>加茂川町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ新山村,昭和30年からは加茂川町の大字。明治24年の戸数147,人口は男352・女308,学校1・水車場1。同43年字宮坂の智利火神社のほか,笹目の八幡神社,福沢の大国神社,溝部の大年神社,杉谷の高野神社の5社を合祀,天神社を鎮座地の重岡山にちなみ重岡神社と改称(御津郡誌)。明治38年新山小学校に高等科を併置,大正10年頃の生徒数296・学級数6(同前)。昭和4年福沢から新山村役場を移転。同22年新山中学校を創立,生徒数133・学級数3(加茂川町史)。同37年新山中学校を御北中学校に統合。昭和29年から続いた備北バス上有漢尾原線が同51年廃止となる。世帯数・人口は,昭和30年178・840(男415・女425),同60年139・439(男209・女230)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7415417
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ