ケータイ辞書JLogosロゴ 瓦町(近世〜近代)


岡山県>岡山市

江戸期〜昭和44年の町名江戸期は岡山城下の1町,町人地明治11年岡山区,同22年からは岡山市の町名城下の南部,外堀の西沿いに位置する東は大雲寺町,南は七軒町,北は浜田町・八軒町・六軒町・下田町町名の由来は,地子免除の瓦師が多く住んでいたことによる寺院には禅宗瑞松山慶福寺・日蓮宗知光山正福寺・禅宗大揃山蔭涼寺がある俗に庭瀬口と呼ばれ,町内を庭瀬への往来が通っていた(吉備温故秘録)天明8年調べで,諸物問屋5軒があった(旧岡山市史4)貞享元年の岡山町中御検地畝高地子帳(池田家文庫)によれば,高7石余,畝数7反7畝余,庭瀬口番屋敷が置かれており,その免除分を引き,残り7反7畝余に対する徳米8石余・口米1斗余嘉永7年の家数103,人数282うち男156・女126(旧岡山市史3)明治11年六軒町・八軒町を合併昭和7年の戸数167,人口733うち男364・女369(同前6)同39年一部が中央町,同44年残余は南中央町となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416009
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ