ケータイ辞書JLogosロゴ 祇園村(近世)


岡山県>岡山市

 江戸期〜明治22年の村名。備前国上道郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領。村高は,「領分郷村高辻帳」212石余,「天保郷帳」504石余,「旧高旧領」497石余。また「備陽記」では,高212石余,反別28町8反余,家数67・人数519,枝村に惣社・長守・西田がある。神社に旧備前国総社の総社がある。また長守(盛)に素戔嗚神社があり,同社は藩主綱政の神社政策により再興されたものと考えられている。祇園用水が村内を流れ,村内大樋で古田用水と新田用水に分かれる。明治4年岡山県に所属。同5年の学制施行に伴い44番小学開校。同8年段之原村を合併。同22年高島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416036
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ