ケータイ辞書JLogosロゴ 祇園(近代)


岡山県>岡山市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ高島村,昭和29年からは岡山市の大字。明治24年の戸数115,人口は男295・女270,水車場1・船11。中央南北に郡道高島岡山線がつけられ,第2次大戦後県道原原尾島線・県道中原藤原線として大改修が行われた。北の中原には中原の渡しがあり,対岸の御津郡中原との連絡をしていた。第2次大戦後木橋が架橋され,昭和41年鉄筋コンクリートの橋ができた。昭和31年祇園地先に社会福祉法人旭川荘が,同36年に県立岡山養護学校ができ,これに続き一連の総合福祉施設がつくられ,現在ではわが国屈指の総合福祉施設の整った地となった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416037
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ