ケータイ辞書JLogosロゴ 北方村(近世)


岡山県>岡山市

 江戸期〜明治22年の村名。備前国上道郡のうち。宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領。なお文禄4年正月13日の宇喜多氏による居都六社大明神社領帳写(黄薇古簡集)によれば,その反別8反余のうち屋敷地4畝余・畑3反5畝余は「地方之内」と付される者たちが請人となっている。村高は,「領分郷村高辻帳」772石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに926石余。また「備陽記」によれば,高772石余,反別51町8反余,家数83・人数446,池9。万延元年の山陽往還左右記では76軒・346人。背後の山のすそ野に集落が形成され,南方に田地が広がる。西国街道が村内を東西に沼村から藤井宿へ向かうが,元禄16年藤井宿の伝馬不足のため,当村から3人の持ち馬が徴発されている(撮要録)。寺院は,承和元年創建と伝える真言宗薬王山高福寺医光院。明治4年岡山県に所属。同22年浮田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416059
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ