ケータイ辞書JLogosロゴ 小泉村(近世)


岡山県>成羽町

 江戸期〜明治22年の村名。備中国川上郡のうち。毛利氏の支配を経て,慶長5年幕府領,その後寛永古図では松山藩領,「元禄郷帳」「旧高旧領」では幕府領となっている。村高は,寛永古図で353石余,「備中至宝記」494石余,「天保郷帳」「備中村鑑」「旧高旧領」ともに同高。小泉鉱山がある。大同3年の開坑と伝承するが,開始年代は未詳。はじめ鉛銀,のち銅鉛を産出。幕末になると,一時期大坂の資本が入って経営された。倉敷県,深津県,小田県を経て,明治8年岡山県に所属。同22年中村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416375
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ