ケータイ辞書JLogosロゴ 小坂西村(近世)


岡山県>鴨方町

 江戸期〜明治22年の村名。備中国浅口郡のうち。もとは小坂村の一部で,寛永年間までに成立したと思われる。寛永9年岡山藩領,寛文12年からは鴨方藩領。備中古図には西小坂村と見える。村高は,正保国絵図,元禄年間の検地(浅口郡誌)ともに797石余,「備中至宝記」「備中村鑑」は1,172石余,「天保郷帳」1,203石余,「旧高旧領」1,204石余。元禄14年は田畑47町3反余,家数134。文政11年の家数139・人数952。極楽寺不動院は寛文6年池田光政の社寺整理の際破却された。また,光政によって当村の105社は鴨方村103社などとともに地頭上村の日吉宮へ寄宮。字西原にある村社天神社は菅原道真公を祀り,小坂西・小坂東・本庄の3か村の総氏神で石灯籠に安永9年の銘がある。鴨方県,深津県,小田県を経て,明治8年岡山県に所属。同18年の戸数270・人口1,169(男610・女559),反別は田71町余・畑61町余,改正税額地租1,958円余,牛81。明治6年地内の大内に設置された啓蒙所は同7年崇道小学校となり,同18年の生徒数80(男60・女20)。同年の米850石余・麦95石,製造物として手箒2万5,000本余・木綿2,000反余。同22年小坂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7416526
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ