ケータイ辞書JLogosロゴ 下畑村(近世)


岡山県>吉永町

江戸期〜明治8年の村名備前国和気郡のうち八塔寺山塊南東部に位置し,集落は山腹から八塔寺川流域にかけて形成される村名は,八塔寺から見て下方の畑地の意味と伝える宇喜多氏,小早川氏の支配を経て,慶長8年から岡山藩領村高は,「領分郷村高辻帳」43石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに82石余なお「備陽記」では,高43石余,反別7町1反余,家数13・人数106また化政期の和気郡手鑑(和気郡史)では,高43石余・又高38石余,田3町9反余・畑3町2反余,家数25・人数101神社は八幡宮・岩戸七社,また薬師堂・地蔵堂もあり,育麦蔵も置かれていた特産には茶・炭・灰がある明治4年岡山県に所属同8年加賀美村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7417091
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ