ケータイ辞書JLogosロゴ 本庄村(近世)


岡山県>鴨方町

 江戸期〜明治22年の村名。備中国浅口郡のうち。本荘村とも書く。毛利氏の支配を経て,慶長5年幕府領,寛永9年岡山藩領,寛文12年からは鴨方藩領。もとは河村の一部か。村高は,元禄年間の検地(浅口郡誌),「備中至宝記」「備中村鑑」ともに934石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに940石余。新田改書によると,高940石余のうち6石余が新田とされている。元禄14年の御改控では,田35町余・田高588石余,畑17町余,家数143。文政11年は家数158・人数853(男452・女401)。天台宗竹林寺は管下に財成院・惣持坊・財泉坊などがあったが,寛文年間岡山藩主池田光政の社寺整理によりみな廃寺となった。また,光政によって当村の103社は鴨方村103社などとともに地頭上村の日吉宮へ寄宮。鴨方県,深津県,小田県を経て,明治8年岡山県に所属。同年本庄小学校設置,同22年津田尋常小学校となる。明治8年の反当たり収穫量は田1石7斗余・畑5斗余,反当たり地価は39円96銭(鴨方町誌)。同22年津田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7419470
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ