ケータイ辞書JLogosロゴ 赤坂村(近世)


広島県>福山市

 江戸期〜明治22年の村名。沼隈郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」1,094石余,同6年水野氏地詰807石余,元禄12年備前検地942石余・反別82町9反余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに945石余。元和6年〜元禄11年に小原村を合併。宝永8年の戸数155・人数1,054。万治〜寛政年間頃までは大池があったとされているが,池ではなく海枝(入江)のこととみられ,新開に伴う堤を池の堤と間違って判断したものと考えられる。村の規模は東西48町・南北1里,文化年間の戸数256・人数1,183,牛166・馬55。長者原大池は天和2年の完成で,のち下見儀左衛門が浦崎より当地へ移り,当時は人家が多かった。ほかに小池28。鍋峠は品治【ほんち】郡諸村に通じる。また椿石は長さ8間・横4間・高さ2間で,烏帽子岩・大石・四つ石・腰掛石・スベリ石などもあった。中江八幡宮は産土神で,荒廃した社を杉原盛重が再興し,早戸・加屋・津之郷・赤坂4か村の氏神とした。ほかに古宮大明神など32。寺院は,浄土真宗浄泉坊がある。長者原には往時銅山があったと伝えられるほか巨旦長者馬場があり,長さ36間・横3間。赤坂・山北一帯の低湿地が耕地に転換されたのは,人力による耕地化の努力もあるが,隆起作用によるとみられる。万治元年品治郡側より百姓が長者原へ移り農耕に従事し,そのためこの一帯は向永谷分として扱われた。ただし租米の件で加屋村に預けられたという(備後郡村誌・備陽六郡志・福山志料)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。明治7年浄泉坊へ時習館と称する学校が設けられ,翌8年赤坂小学校と改称。農業のほか養蚕・藺草栽培が中心。同21年の戸数272・人口1,394。同22年赤坂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420495
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ