ケータイ辞書JLogosロゴ 赤坂村(近代)


広島県>福山市

 明治22年〜昭和31年の沼隈郡の自治体名。赤坂村・早戸村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。明治24年の戸数443・人口2,329。同25年山陽鉄道(現国鉄山陽本線)福山〜尾道間の工事完了。大正5年水越停車場開設,同7年備後赤坂駅と改称された。その後鉄道の北側山腹から花崗岩の切出しが盛んとなり各地へ搬出した。耕地は肥沃で農業は振興する。同9年の水田154町余・畑42町余・宅地18町余・山林301町余,世帯数484・人口3,028。のち尾道・福山へ出稼をする者が多くなり,農村が変容した。しかし第2次大戦後は再び農業が活発となった。昭和25年の世帯数606・人口3,313。同31年福山市の一部となり,村制時の2大字は赤坂町を冠称して同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420496
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ