ケータイ辞書JLogosロゴ 阿下村(近世)


広島県>神石郡三和町

 江戸期〜明治22年の村名。備後国神石【じんせき】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,享保2年からは豊前中津藩領。中津藩阿下組12か村の1つ。村高は,元和5年「知行帳」158石余,寛文11年地詰帳236石余,元禄12年備前検地や「天保郷帳」「旧高旧領」ともに278石余。戸数・人数は享保2年74・393,寛政6年56・204。安永元年の村調によれば,寺2(星居寺・山伏寺)・四ツ堂,氏宮2(八幡宮・二宮),御林8(狼谷山・宮の上山・新山・加山山・向新山・岩丸山),溜池1・石井堰14・木井堰12,田16町4反・畑18町5反。明治4年中津県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。戸数・人口は同10年59・295,同20年60・300。明治8年の田32町3反・畑18町5反。同10年阿下簡易小学校が設立された。同22年市制町村制施行による阿下村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420523
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ