ケータイ辞書JLogosロゴ 阿那村(中世)


広島県>加計町

 戦国期に見える村名。安芸国山県郡のうち。佐東郡のうちとも見える。享禄4年閏5月9日の毛利元就証状に「阿那・小河内・飯室・鈴張・山中・今田六箇所之事」と見え,鈴張を除く5か所について,吉川次郎三郎(興経)に対して,「可被任御意候」とこれを安堵している(吉川家文書)。天文13年4月16日の大内義隆預ケ状写に「芸州佐東郡阿那村弐百七拾四貫文〈伴五郎跡……〉事」と見え,宍戸安芸守に預け置かれている(閥閲録1)。同21年2月2日の毛利元就・隆元連署知行注文に「一,あな 宍戸知行」と見える(毛利家文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420569
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ