ケータイ辞書JLogosロゴ 雨木村(近世)


広島県>福山市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国品治【ほんち】郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」330石余,元禄12年備前検地328石余・反別35町8反余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに329石余。「備陽六郡志」によれば,田206石余・17町余,畑122石余・18町余,定免4割5分で,小物成のほか寺役・桶屋役などが課せられた。村内には御立山5・草山12・野山3,馬地池のほか小池16,小橋16,堂5,長ノ尾大明神・八大竜王・神田神社のほか小祠32,寺院は浄土真宗長福寺など,憩亭6。宝永8年の戸数76・人数444,馬3・牛23,文化年間の戸数104・人数463,牛13・馬4(備後郡村誌・福山志料)。寺子屋を開いた者に江草玄禎が知られる。玄禎は菅茶山の弟子で,医業のかたわら多くの弟子を教えたという(服部の歴史)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同21年の戸数113・人口615。同22年服部村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420582
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ