ケータイ辞書JLogosロゴ 有田村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」1,149石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」では1斗9升7合増加。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西1里2町・南北22町余,戸数181・人数657(男347・女310),牛65・馬56,田畝は「市ノ分」20石余と「郷ノ分」777石余,田81町余・723石余,畑10町余・54石余,屋敷地1町余・20石余,古荒川成・新川成の高350石余。市は十日市と呼ばれ,長さ95間余・幅9尺,石見浜田路に沿って戸数20。給人6,給知353石余,楮30貫目を産した。「国郡志書出帳」では,戸数219・人数939(男491・女448),牛129・馬29,山手銀40目8分(享保12年30目)を出して南方村茂村山の草を刈り,高田郡土師村には山手米1,835石で馬札32枚・歩荷札9枚を,同郡多治比村には山手米銀を出して馬札7枚を取得,御留山は岩崎山,野山4・腰林11,橋10,池堤8,用水井手12・溝9・和久11,閘1。農間余業は男子は藁仕事,女子の布木綿織のべなど。「病人へ借屋座敷」1棟を持つ医師1,氏神は茗荷丸八幡宮,寺院に浄土真宗光明寺・大福寺,ほかに小祠5・小堂2。明治4年広島県に所属。同年の武一騒動の指導者武一(武一郎)は当村十日市の出身,当村では割庄屋青木重兵衛宅が打ち壊される。同22年八重村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420598
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ