ケータイ辞書JLogosロゴ 有福村(近世)


広島県>甲奴町

 江戸期〜明治22年の村名。甲奴郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年からは幕府領。村高は,元和5年「知行帳」620石余,元禄12年備前検地や「天保郷帳」ともに981石余,「旧高旧領」581石余。神社は賀茂神社,社伝では慶雲4年の創建,備後国七社の第4社といい,9月29日の祭礼には府中(府中市)から楽人が来たという。この楽人の通った峠を楽ケ峠というと伝える。寺院は臨済宗保泉寺・真言宗法身院西山寺。明治元年倉敷県を経て,同4年広島県に所属。同20年有福簡易小学校を設立。同22年市制町村制施行による有福村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420609
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ