ケータイ辞書JLogosロゴ 有間村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」では有馬村と見え265石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,村の広さは東西9町余・南北8町余,戸数50・人数236(男117・女119),牛21・馬16,給人2,医師2,田19町余・187石余,畑1町余・8石余,屋敷3反余・5石余,高64石余,楮30貫を産した。「国郡志書出帳」では,戸数60・人数298(男154・女144),牛41・馬13。肥草が不自由な村で,寺原村に山手銀16匁3分を納めて草を刈る。村内に腰林16,寺原村と入会の野山4,橋6,井手7・小井手2・溜池2・溝5・閘3,冬には男子はぞうり・わらじ・馬の沓・縄莚などの藁仕事や牛の道具・馬具作り,女子は布木綿などを織った。氏神は天文21年吉川元春建立の八幡宮,毎年8月15日の祭礼には寺原村八幡宮からの神輿御幸があり,寺原村と祭礼を行っていた。ほかに小祠2。明治4年広島県に所属。同年の武一騒動では割庄屋宅が打ち壊される。同17年より開始された陰陽連絡道工事により市街化が進む。同22年八重村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420613
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ