ケータイ辞書JLogosロゴ 粟根村(近世)


広島県>福山市

 江戸期〜明治22年の村名。備後国安那郡のうち。はじめ福山藩領,元禄11年幕府領,同13年福山藩と幕府の相給,嘉永6年から再び福山藩領。村高は,元和5年「知行帳」571石余,元禄12年備前検地605石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに同高。享保20年の名寄帳では田485石余・32町余,畑119石余・16町余。「備陽六郡志」によれば,福山藩領分では定免6割2分,ほか寺役などが課せられ,辻堂4,野山・草山9,池6,宮5。また明暦3年頃は戸数51・人数225,馬27・牛17。幕府領の寛政元年頃の戸数79・人数369,牛5。文化4年頃の戸数99。福山藩領の宝永8年の戸数19・人数121,馬2・牛7,文化年間の戸数22・人数85,牛8。産土神は芦原村の賀茂大明神で,寺院は日蓮宗妙永寺と禅宗大林寺。当村の規模は東西4町余・南北14町余,山4割・田畑6割。金剛地窪田氏屋敷内に郷倉が,金剛地屋敷上り口に高札場があった。庄屋窪田氏は医業を兼ね,亮貞は長崎でシーボルトに西洋医学を学び天保5年当村で開業した。次男の窪田次郎は医業を継ぐかたわら,明治3年民情具陳書を提出し,教育の必要性を唱え,啓蒙社を組織して啓蒙所開設を求める運動を展開。明治6年には粟根小学校に博聞会を開設し,同7年有志とともに民撰議院開設について小田県令に上願し,民選の区会・県会が開設された(備後郡村誌・福山志料)。明治4年福山県,以後深津県・小田県・岡山県を経て,同9年広島県に所属。同22年加茂村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420623
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ