ケータイ辞書JLogosロゴ 生口島(中世)


広島県>因島市

 鎌倉期から見える地名。安芸国豊田郡のうち。平安末期にはほぼ全島が荘園化しており,生口荘・生口島荘・生口北荘などと称された。源平合戦の際,「生口島公文下司等」は沼田【ぬた】荘下司沼田氏の一族沼田五郎に率いられて平家に味方し,門司関で源氏と合戦したという(小早川家文書)。建久2年10月日付長講堂所領目録(島田文書)に「生口北庄 元三雑事 御簾二間 御座三枚……砂五両」とあり,後白河法皇の持仏堂である六条長講堂領荘園として,正月の元三雑事をはじめ,仏事・年中行事に用いる諸公事が課せられた。法皇の没後はその愛娘宣陽門院(覲子)が伝領し,宣陽門院所領目録(同前)には同院の御祈願所にあてられた所領のなかに「安芸国生口北庄」と見えている。当時,領家は冷泉中納言藤原教成であった。教成は後白河院近臣の平業房と高階栄子との間の子で,勅命によって藤原実教の猶子となった。高階栄子は後白河法皇に仕え,その寵を得て覲子を生んだので,教成と宣陽門院は異父兄妹にあたる。承久の乱では,生口島公文下司の東権守盛経・西権守貞兼・六郎新大夫則弘らは後鳥羽上皇方について上洛,幕府に敵対したため所職を没収された(小早川家文書)。この時に,当荘に地頭が置かれたと思われる。鎌倉中期には「経俊卿記」正嘉元年5月10日条に「座主宮被申法華堂領安芸国生口庄事」と見えるなど,当荘に対する濫妨事件が朝廷に訴えられている。南北朝初期,暦応4年には因島に「安芸国生口島甲乙人等」が南朝方の国人広沢五郎と打入って濫妨を働いたとして,訴えられた(浄土寺文書)。この前後から小早川氏の勢力が当地に進出しており,やがて沼田の小早川本宗家から生口氏が分立した。康永元年10月,小早川安芸五郎氏平は伊予国の南朝方勢力を追討するため,同月4日,「生口島」に城郭を構えて立籠る南朝方を破って,四国に入ったという(小早川家文書)。応永29年には小早川生口因幡入道公実(道貫)に所属する船に対し海上諸関を関銭を払わずに通過する特権が室町幕府から認められている。この船は「生口船」といわれた(東大寺文書)。生口島には瀬戸内海有数の港湾である瀬戸田もあり,当地に土着した小早川氏一族は海運にも力を注いでいたとみられ,水軍として活躍した。室町期の5月26日付村上図書助申状(東寺百合文書/大日古)によれば「生口島地下者共」は弓削島にまで進出して荘務を妨げていたという。応永35年6月,道貫は「あきのくにぬたしようの内生口きたのしやう内にしかた(安芸国沼田荘内生口北荘内西方)」および「いくちの志ま浦のにしかたひかしかた(生口島浦西方東方)」を嫡子小法師丸に譲るとともに,刑部丞守平に「にしかたの内国ちか名」を与えて小法師丸の成人までの間の取り計らいを命じている(小早川家文書)。永享4年,島内の向上寺の塔が落成したが,この時,同寺の外護大檀越は生口刑部少輔守平であり(向上寺塔婆由来記),永享5年8月には守平は将軍足利義教から「生口島地頭職」を安堵され生口氏の実権を握っている(小早川家文書)。守平は小早川庶家との連帯を強め,文安2年には土倉・小泉・浦らともに警固のため大崎下島に船を出した。さらに宝徳3年には小早川本荘新荘一家中13家の1つとして,一族が一致協力するための契約を結んでいる(小早川家文書)。戦国期,天文23年2月3日付小早川隆景感状(国郡志編集御用諸品書出3/三原市史)に「天文廿三年二月二日夜,於生口島福田沖敵船懸合頸一討捕,高名無比類候」とあり,当地で合戦が行われたことが知られる。天正4年には生口刑部丞景守が毛利水軍の一員として大坂木津川口で石山本願寺を海上封鎖する織田信長軍と合戦,これを破っている(毛利家文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420650
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ