ケータイ辞書JLogosロゴ 石井谷村(近世)


広島県>千代田町

 江戸期〜明治22年の村名。山県郡のうち。広島藩領。明知・給知が入り交じる。村高は,元和5年「知行帳」522石余,「芸藩通志」「天保郷帳」「旧高旧領」も同高。享保12年山県郡村々諸色覚書によると,戸数104・人数445(男226・女219),牛32・馬22,給人7,村の広さは東西18町・南北22町余,田49町余・459石余,畑3町余・14石余,屋敷6反・9石余,高38石余,茶8貫目・麻85貫目・楮17貫500目を産し,下大工1,「国郡志書出帳」では,戸数154・515(男265・女250),牛39・馬19,医師・木挽各1,田55町余・447石余,畑3町余・14石余,屋敷6反・9石余,古荒川成高50石余,御留山1・腰林7・野山6,橋5,井手12,雨池4。神社は八幡宮,ほかに天王社・荒神社・松尾観音堂があり,城主不明の谷口之城という古城跡もあった。明治4年広島県に所属。同21年の戸数102・人口519。同22年八重村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420661
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ