ケータイ辞書JLogosロゴ 石原村(近世)


広島県>君田村

 江戸期〜明治22年の村名。備後国三次郡のうち。はじめ広島藩領,寛永9年三次藩領,享保5年から再び広島藩領。村高は,元和5年「知行帳」324石余,「芸藩通志」335石余,「天保郷帳」324石余,「旧高旧領」335石余。戸数・人数および牛・馬は,享保7年の「三次郡覚書」54(本百姓43・名子8など)・245,牛18・馬4,「芸藩通志」53・313,牛36・馬45。牛馬特に馬の普及が目立ち,鈩製鉄に関連した原材料・製品の輸送が農民の諸稼ぎになっていた。「芸藩通志」にも「村内鉄礦あり,民鉄を採る」と記す。また北の西入君村境に文禄年間高尾越中居所と伝える福山城があり,村内に尾崎九兵衛居所と伝える熊山城,廃寺に清厳寺・成願寺の2か寺があった。明治4年広島県に所属。同10年頃小学校を創立。同21年の戸数59・人口359。同22年君田村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7420672
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ